効果①売上アップ ヒット商品の多くはメディア露出がきっかけとなっています 効果②ブランディング メディアで取り上げられたという事実は強力なブランド価値の向上になります 効果③採用力のアップ メディアから注目されている会社には優秀な人材の応募が多くあります 効果④無駄な広告費の削減 SNSなどでクチコミで自然発生的に売上が上がり、広告費を削減できます このようにメディア露出の効果は非常に大きく、広告費のようにお金もかからず 取り組まない手はありません。
ところが、 こうしたメディア露出を実現するうえで大きなハードルだったのが マスコミの連絡先などの情報。
これまでマスコミ各社のFAX番号や編集方針、読者属性などの情報を 1件1件集めるのは、たいへんな労力と時間が必要でした。 あるいは、PR会社やプレスリリース配信先業者を利用すると、1つのプレスリリースを FAX配信代行してもらうだけでも通常、数万円~数十万円もかかりました。 また、SEO対策やロングテールによる直接的な問い合わせなどを増やすためにも WebPRの重要性は年々高まってきていますが、まとまった形で情報がなく、 リストを集めるのも一苦労でした。
PR会社がこれまで自社の重要なノウハウとして公開してこなかった 主要なマスコミ各社のFAX番号や編集方針、読者属性などが網羅された冊子 「マスコミリスト2017」 (プレスリリース配信先一覧のリスト件数は新聞・テレビ・雑誌・WEB媒体合わせて約1,400件) をご提供します。

最新マスコミリストのお申込みはこちら

※現在、印刷から発送まで一週間程度いただいております。 ※商品引き渡し後のお客様ご都合による返品はできません。 (クーリングオフの対象とはなりません) ※お支払い方法は「代金引換」のみとなります。
この1冊を購入するだけで、PR会社に依頼しなくても、 自分の力でPR活動ができるようになります! 私たちはこの資料を作るのに約30名のスタッフで1年近くかかりましたが、 あなたの会社では購入した瞬間から媒体研究の大半が済むとともに、 高いレベルのマスコミPR+WebPR活動の基盤を整備することが可能になります。全国紙のパートでは新聞の各部署紹介と、紙面のコーナー紹介などが掲載されています。 この表をもとに、新聞社への適切なアプローチ方法がわかります。女性誌のポジショニングを紹介している紙面です。横軸はカジュアル系かモード系かを、縦軸は年齢層を表しています。 このポジショニングマップを見れば、どの媒体が自社商品・サービスに合っているかが一目瞭然です。ビジネス誌の紹介をしている紙面です。 ビジネス誌の読者層や編集方針、プレスリリースの送り方などがわかります。本書を入手いただければ、市販の書籍では紹介されていない、 主要な新聞、雑誌・テレビ番組・WEB媒体の詳細な媒体情報、プレスリリース配信先一覧が得られます。 ◎PR活動でライバル会社に差をつけたい方 ◎媒体情報を把握したい方 ◎適切な媒体アプローチを行いたい方 ◎日常的に広報業務を行っている方 には自信をもってお勧めできる内容です。
当社の制作費は数百万円かかっておりますが、 金額は50,000円(税込)でお買い求めいただけます。 この本を活用して、1媒体でもメディア露出に成功すれば 元がとれるという意味でも非常にお得な価格設定になっています。 PR戦略の立案、マスコミ露出を増加していきたいとお考えの経営者、専門家の方は もちろんのこと、 広報・宣伝担当者、PR会社のスタッフ、フリーランスの方は 常に手元に置いて日々の業務にご活用ください。

最新マスコミリストのお申込みはこちら

※現在、印刷から発送まで一週間程度いただいております。 ※商品引き渡し後のお客様ご都合による返品はできません。 (クーリングオフの対象とはなりません) ※お支払い方法は「代金引換」のみとなります。